ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 長年やってると

<<   作成日時 : 2009/09/25 23:07   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

長年この業界(並行輸入など)で仕事をしていると時代の流れっていう奴でしょうか?今日はびっくりしてしまいました。アルピーヌの新規車検(予備検査)を受けました。今回の車体番号はフレームに打たれているのですが長年の風化でかなり読みにくくなってしまってました。こんな場合は職権打刻と言って各陸運事務所で車体番号をフレームに刻印で打つんです。神奈川の陸運事務所だったら神(申)で始まる番号を打ってました!しかし今日は、、、
えっ?貼るんですか?
画像

この7月から職権打刻は貼るんです。シール??を
国で始まる番号に変わりました。スッテカーは封印されてますが!いや〜いいのか悪いのか!まあ〜っ、ボディーに漢字で始まる番号を打たないので(傷にならない)いいとしますか!
でも、なんか、お国の物のような気がしません?
画像

こちらはエンジン番号、スチーム洗車などで剥がれないのかな〜〜??

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長年やってると ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる