ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり

<<   作成日時 : 2008/02/24 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やっぱりヘッドを剥離します。
画像
しかしこれがなかなか抜けてきません。
画像
やっとのことで外しました。やっぱりバルブがちょっとだけピストンに当たってました。オイル漏れのひどい所でしたが、オーリングが完全にダメになってしまていました。そのオーリングがオイルラインをふさいでしまってました。行き場がなくなったオイルが外に漏れ出したようです。そう他ではハイコンプピストンが入っているといわれてましたが、標準の10.4対1のAEピストンでした。まあ^〜ハイコンプには違いないですが。バルブリセスがハイカムに対応されていないので、リセスを深く切るか、カムをノーマルに戻すか、バルブタイミングで当たらないギリギリにするか、どうしましょうか?こんな時、考えてしまうんですよね、前にこのエンジンを組まれた方がしっかり対処してチューニング?をしてくれればいいのですが、本調子じゃない状態で手に入れられた方が現状を受け入れられて修理されること、それが古い車初めてのられる方だったりすると!悩むな〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる