ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 飛び入りで

<<   作成日時 : 2010/01/24 22:18   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

ジュリアスーパーです。来週以降の入場を予定してましたが。クラッチが切れないトラブルで昨晩預かりました。油圧クラッチなのでとりあえずエア抜きをして乗って帰ってもらうと思ったのですが、もっと大きいトラブルを抱えてました。ステアリングが重く遊びが大きかったようですがその日のドライブ中にハンドルを切るとバッキ!という音とともにギシギシ音がする様になってしまったとのことでした。ステアリングギアBOXのトラブルのようです。バーマン製のギアBOXの蓋がぐらぐらです。このまま帰すのは危ないかと思いお預かりしました。
画像
クラッチマスターです。フルレストア車だったのですがクラッチマスターは手つかずのようでした。レリーズシリンダーと共に交換ですね。ステアリングギアBOXはまた後日紹介しますね。昨日のGT−Aはばらばらになってます。ちょっと触りだけ
画像
インシュレーターがヒビだらけでした。ピッカピカのポート!実は
画像
画像
インテークポートにスリーブが入ってました。1600から1300にコンバートした時の加工でしょうか?大きくしてしまったポートを縮小したのでしょうか?以前OHしたアダミッチが乗った1600GTAも同じ加工がしてありました。いろんなことがありますね〜これだからおもしろい>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
時々覗かせていただいてます。
GTAのインマニのスリーブですが、ある年度のAutodeltaワークスカーのポート径は前年より小さく、修正する際のスリーブを入れる方法(と具体的な寸法)が手許のUSコンペ部門の文書集で指示されていました。多分これによるものと思いますよ。
portago
2010/01/25 01:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
飛び入りで ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる