ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ジュリアクーペのドアハンドル

<<   作成日時 : 2008/07/27 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ジュリアクーペのドアは重い。ドア下がりもあって変に開きにくいですよね。20数年前に最初に乗った1750GTVがそうでした。ドアを開けながら最後のひと上げ!これをスムーズにやってこそジュリア使い!だと思ったこともありました。大体の場合ドアヒンジのガタによるドア下がりが原因ですね。またアウターハンドルのわれによる場合も空きにくくなります。ドア下がりからドアハンドルをわってしまう場合もありますがドアハンドル構造に問題がありますね。今回は両方のドアハンドルが交換を要するでした。
画像
斜めに上がったり、戻りが悪かったりするとドアハンドルが割れているかもしれませんね。
画像
見事に壊れてました。反対側の開きにくかった原因もドアハンドルが割れてました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジュリアクーペのドアハンドル ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる