ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS GIULIA SPRINT GT

<<   作成日時 : 2008/02/22 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

エンジンのスタッドボルトの交換が必要のようです。アルミ製ブロックのヘッドを締め付けているスタッドボルトが水に浸かっている為、腐食が見られる車が多いようです。既定の締め付けトルクで締めるとき、あっ!折れたということになるかもしれません。それと、ボルトには締め付けることによって、伸びが生じてそれが戻ろうとする力!これが大事なのです。一般に、ヘッドボルトは使い捨てというのが通常です。しかしアルファロメオのこのタイプは非常に交換するのが大変です。もちろん、特殊工具を使って抜くのですが、特に傷んでしまった(腐食して鉛筆の先の様になってしまっている)10本のうち何本かは折れます。折れ込んでしまったボルトは機械加工で削り取ります。旧いままのヘッドボルトを使うと、十分にトルクをかけられない恐れがあるのでなるべく交換をした方がよいでしょう!ヘッドガスケットのリークにつながります。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ども、川崎のMです!
着々と作業が進んでいるようで、嬉しいです。
引き続き、宜しくお願い致します。

明日、ちょこっとお邪魔しようかな〜。

ミ・ツサダ
2008/02/23 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
GIULIA SPRINT GT ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる