ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ジュリエッタ 750のウォーターポンプのOH

<<   作成日時 : 2008/01/07 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

W/Pから作業します。昨年OHされたようですが、まだ完全に治ってないようです。止めておくと漏れるようです。
画像
画像
外します。漏れているのが分かりますか?
画像
バラします。
画像
あれ?この2点は本来ないパーツです。シャフトの当たりが悪くスペーサーを入れてあるようです。
画像
スペーサーが原因か入れ方が悪かったか、ポンプシールに小さなクラックがありました。
画像
シャフトの当たりが悪いはずです、面が荒れてます。このまま組んでは漏れてしまいます。
画像
旋盤で面取りします。
画像
こんな感じになります。これで当たり面はばっちりです。ついでにベアリングも新品にしました。ちなみに当たり面を削った分ポンプシールに当たる面圧が少なくなってしまいます。その分シャフト、ベアリング当たり面を追い込みます。
画像
OH完了です。プーリーが減ってますがもうしばらく走れるでしょう。ざっと作業を紹介しました。旋盤って便利です、何かと役に立ってます。もし持っていなければシャフトを新品にしなければなりません。最近ではリプロダクトですが手に入りますが高価です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジュリエッタ 750のウォーターポンプのOH ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる