ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 車検の前のキャブ洗浄

<<   作成日時 : 2007/09/14 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
三年前に納めた、新規登録のABARTHでしたが、ほとんど乗らず、ガソリンが変質してしまいました。結果、キャブのスロットルがロックしてしまい、分解、洗浄からの車検整備となりました。この腐れガソリンは、非常に始末が悪いものです。これまでに痛い目に何度か会いました。何年も、動かさなかった新車同様のミニモーク、変質したガソリンとわかっていたのですが、バッテリーをつなぎ、すぐエンジンも掛かり、調子も悪くありませんでした。が、翌朝、セルを回した瞬間、バルブがスタック!していたので、ピストンに当たり、バルブは曲がってしまいました。バルブガイドにニカワ状のべたべたした、ガソリンが変質したものによって、バルブは固まっていたのです。こんな症状の車は、何台か見てきました。皆さんも、何年も乗ってない車はガソリンの変質に注意してくださいね、対処法は、変質してしまったら、まず、そのままエンジンは絶対かけないで、ガソリンをタンクから全部抜いて、新しいガソリンを入れて、始動してくださいね。調子が悪いようでしたら燃料系統をみてみましょう、つまりの原因が過半数ですよ。とにかく、においがガソリンのにおいじゃなくなるから、すぐわかりますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
車検の前のキャブ洗浄 ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる