ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS TIのヒーターユニット

<<   作成日時 : 2007/09/28 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これは、105系の前期型のヒーターユニットです。ヒーターバルブは固着しモーターも錆つきロックしてます。分解して、完全にOHします。ファンが回らない、金属音がするなどモーターのトラブルはわりとあります。いずれの場合も、モーターの分解OHで治ると思います。ほとんどの場合軸受けの焼きつき(錆つき)が原因です。これは、ヒーターユニットの真下にモーターがあり、真下のくぼみに水がたまりやすい構造のためです。ヒターバルブはゴムの栓を押さえつけて水量を調整する構造です。ゴムが古くなり弾力を失い詰まってしまうトラブルが多いです。交換が必要になります。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TIのヒーターユニット ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる